交通事故治療│元町接骨院

元町接骨院

TRAFFIC ACCIDENT THERAPY交通事故治療

ABOUT TRAFFIC ACCIDENT交通事故について

交通事故でお悩みの方、東区で整骨院をお探しの方へ

日本では年間の交通事故発生件数が100万件を超え、30秒に1件発生している計算になります。
これらの交通事故の外傷(ケガ)の中で、外傷性頚部症候群(むち打ち症)の発生頻度が、最も多く30%を超えると言われています。
また、外傷性頚部症候群(むち打ち症)の場合、衝撃の方向性や受傷時の姿勢、個々の体格などによって損傷の型も 異なり、損傷が複合して受診される方も多く見受けられます。
自覚症状も様々で、頸・肩・背中の痛みはもちろん、腰痛や手足のしびれ・眩暈・吐き気・耳鳴り・身体のだるさ・気力の低下・思考力や記憶力の低下等々、損傷の程度などにより症状も多岐にわたります。

交通事故に遭った場合は

誰もが、自分が交通事故に遭うとは考えていません。
しかし、万が一自分が事故に遭遇してしまった時、「どうしていいかわからない」「治療はどうすればいいの」「治療費ってどうなるの?」「保険会社への対応がわからない」などお困りになる方がほとんどです。

交通事故にあった場合何より大切なのは、早めの治療により後遺障害を残さないということです。
治療を受ける場所は保険会社ではなく、ご自身で自由に選択できます。

※整骨院では交通事故による(自賠責保険、任意保険)による施術が受けられます。

※最初に整形外科等病院に行って診察を受けていても、整骨院での施術に変更することは可能です。
また医師の許可があれば両方に通院も可能です。

IF YOU WAIT TOO LONG AND INVOLVED IN A TRAFFIC ACCIDENT交通事故に遭ってしまったら

01 安全な場所に車を停める

すぐに運転を停止し、二次被害が起こるのを防ぐため負傷者が軽傷なら安全なところに非難してもらいます。

02 相手、自分にケガがないか確かめる

加害者・被害者を問わず、負傷者がいた場合はすみやかに救護しなければなりません。
ケガがないか確認し、重傷の場合は動かさず救急車の到着を待ちます。

03 110番し警察へ届け出る

110番に連絡し、必ず警察を呼び当事者同士での現場での約束や示談はしないようにしましょう。
この時痛みがあれば、その旨を警察に伝え人身事故扱いにします。
(必ず整形外科などでレントゲンを写しご自身の診断名を覚えておいてください)

04 保険会社へ連絡する

事故の日時、場所、相手の住所、氏名、TEL、車名、ナンバーなど
事故の現状、届出警察署を保険会社へ連絡します。

05 外傷がなくても病院か整骨院を受診

痛みがある場合、後から痛みが出てきた時は保険会社に治療を受けたい旨の連絡を入れます。
たとえその日は何の症状が出なくても、後から何らかの症状が現れることは往々にしてあります。
治療する医療機関が決まり次第、再度保険会社に連絡しましょう。

FLOW OF TRAFFIC ACCIDENT TREATMENT交通事故施術の流れ